総社神社

総社神社
平安時代、聖武天皇の命により諸国の国府の近くに総社が設けられました。 国中大小の神祇を祀って讃岐国総社と定められ後に総社明神と称されて天平以前にはすでに大社でした。

神社・仏閣