白峰宮

崇徳上皇を祀る神社、別名は明ノ宮(あかりのみや)。上皇が崩御した後、遺体を八十八場の清水に浸しておいたところ神光が輝いたこと から、二条天皇の宣旨を受け造営されたと伝えられます。同敷地内に天皇寺高照院があります。

神社・仏閣