宝塔

宝塔
市指定文化財(建造物) 加茂町の西鴨神社の東南に入江墓地又は宮武墓地と呼ばれる墓場があり、この中央北端に江戸時代の 五輪塔と並んで二基の宝塔が建っている。一基は破損が著しく、蓋部と塔身が残るのみとなってるが、 もう一基は旧状をよく止めている。総高1.82mの角礫凝灰岩製の石塔で、下から基礎、塔身、蓋、相 輪、宝珠の各部よりなる。綾北に点在する西山神社・菊塚・八鉾神社の宝塔にも同様のものがあり、 この様式は当地方特有の様式とも考えられる。塔身や蓋の形態から鎌倉初期頃のものと考えられてい る。

遺跡・伝承地