サギノクチ1号墳

 

サギノクチ1号墳

本古墳は、東山・烏帽子山麓斜面に点在する十数基の横穴石室墳群中の一基で、その壁面に木ノ葉の線刻 画があるところから木ノ葉塚と呼んでいる。墳丘は、山ノ斜面から独立した円墳状に盛土され、径約10m・ 高さ2.8mである。南に開口した石室は、一部花崗岩を使用するほかは、付近に産出する安山岩自然石を三 段から四段積上げ、巨大な平石三枚を天井に架構したものである。床面から天井への○減率は小さく、羨道 部は現在明瞭なところで長さ3.2m・巾1.5m・高さは崩壊しているので明らかではないがほぼ二段に壁石が 残っている。玄室は長さ約4m・巾は入口で1.8m・奥で1.4mと狭まり、高さは2.15m・床面には長さ・巾 など20糎から50糎の安山岩手石が敷きつめられていて、付近の横穴石室と変らない通常の石室であるが、そ の特色は羨道・玄室の壁面に木ノ葉を主体とした絵画が線刻されていることである。木ノ葉塚の所在するこ の地は、弥生文化の遺跡でもありその地形からも綾北地方では最も早く村落が形成され、又綾織塚・(穴薬 師古墳)・綾織姫の墓(鴨廃寺址の南)など綾織にかかわる伝説もあって、古代綾織の地として考えられる ところである。木ノ葉塚も、あるいはこうした様相をつたえるものかも知れない。

遺跡・伝承地