綾織塚

むかし綾織姫が渡来したと伝えられるこの地域に、古墳後期(約1300年前)に属する横穴式石室墳が群 集点在することは、極めて意義が深い。これらの古墳群を見下し、最も優位に構築されているのがこの 古墳である。石室はこの山に産する安山岩が用いられ、西方に口を開き全長14メートル余で原型をよく とどめている。とどめている。玄室は長さ約7メートル、巾2.5メートル高さ2.8メートルの広さをもち、 市内の横穴石室の中、最大のものである。封土もよく残り工築時の形体を偲ぶことができる。

遺跡・伝承地