常盤公園(聖通寺山公園)

常盤公園(ときわこうえん)は、坂出市と宇多津町との境にある聖通寺山(しょうつうじやま)山頂にある公園であり、展望台などからは瀬戸大橋と塩飽諸島、坂出市街地、宇多津・丸亀方面が一望できます。

春にはソメイヨシノ約500本が咲き乱れ、桜の枝の間からみられる瀬戸大橋や番の州工業地帯は、坂出ならではの景色です。

山頂には結婚式場「天使のすむ丘 サン・アンジェリーナ」がありチャペル形式十字架が置かれた展望台のフェンスには誓いの鍵がかけられ、正面には迫力ある瀬戸大橋や塩飽諸島を一望できます。チャペルの展望台は開放時間(結婚式場の営業時間のみ)が限られています。

山頂への道路からになりますが眺望が優れた場所があり、塩釜神社付近から瀬戸大橋を中心に、備讃瀬戸を航行する船や番の州工業地帯を観賞できます。車窓からとは言え、夜にはライトアップされた瀬戸大橋と番ノ州工業地帯はロマンチックでスケール感のある夜景が楽しめます。

常盤公園と聖通寺山公園

常盤公園は、1940年(昭和15年)の皇紀2600年を記念して、聖通寺山に造られた公園で、当初は「二六公園」と呼ばれていました。1952年(昭和27年)坂出出身のときの大蔵大臣津島寿一氏が「常盤公園」と命名しました。主に積石塚古墳周辺の広場と周辺の桜が植えられているエリアを指します。

聖通寺山公園は、現在の都市計画法で指定された公園で、聖通寺山山頂付近の坂出市に属する地区が風致公園として「聖通寺山公園」に指定されています。 風致公園とは、自然の風景などの趣を楽しむための公園で、樹林地の中に展望台や広場が配置されています。

聖通寺山

標高116.7mの聖通寺山は、古くは海中に突出した岬だったと考えられています。

山頂には、墳丘部に葺石のように石張りが見られ、そのうえにかなりの石を盛った特異な形をした積石塚古墳があります。瀬戸内海を見下ろすこの場所に積石塚があることは、古来より、塩飽の島々を渡って、本州へ渡る重要な地点であったと考えられています。

また,聖通寺山は,室町時代に聖通寺城がおかれたところでもあります。聖通寺城は応仁のころ(1467年~1468年)管領細川勝元(1430年~1473年)の四天王の一人、奈良太郎左衛門元安が築城したと伝えられています。
奈良氏が歴代にわたって居城しましたが、天正11年(1583年)長曽我部元親に攻略され、1585年の豊臣秀吉の四国征伐後に、仙石権兵衛秀久・尾藤甚右衛門知宣らが入城しました。天正15年讃岐の領主に任ぜられた生駒親正も、高松城を築く前に一時ここに拠りましたが、近世初期に聖通寺城は廃城となっています。

瀬戸大橋のライトアップスケジュールは、本四高速のホームページをご確認ください。

付近には「ゆるぎ岩」や、「積石塚」(つみいしづか)など奇岩、遺跡も多く、また ソメイヨシノが植樹され、春の花見スポットになっています。

公園・アウトドア