さかいでぴっぴ飯

昭和40年代,学校帰りのおなかをすかした子どもたちが,うちに帰って食べていた「ぴっぴ飯」。
製麺所で買ってきていたうどん玉とご飯を炒めて,味付けにうどんだしを効かせた思い出の味です。「さかいでぴっぴ飯」はうどんとご飯を美味しく残さず食べるために生まれた讃岐さかいでのB級グルメです。

さかいでぴっぴ飯の4つの定義!
壱.讃岐うどんを使うこと
弐.ご飯を使うこと
参.讃岐うどんだしの風味を加えること
四.おもてなしの心をこめること

事業者: さかいでぴっぴ飯普及会
価 格: 300円~
場 所: 各種イベント会場(毎月第3日曜日 坂出駅近「楽市楽座」ほか)
さかいでぴっぴ飯普及会が認めた店舗
(お食事処あつし亭・手打ちうどんてっちゃん・津田の松原サービスエリア上下線・讃岐饂飩おごっと新宿南口店)
問合先: 0877-46-0684(川津土建内)