《終了》坂出天狗まつり

瀬戸内国際芸術祭2019 沙弥島会場

3年に一度開催される瀬戸内国際芸術祭2019(春会期)が、4月26日(金)から5月26日(日)までの31日間開催されます!!!

坂出市は、万葉の島「沙弥島」が会場となります。アートに彩られた春の沙弥島へ足を運んでみませんか?♪

瀬戸内国際芸術祭そらあみ

開催期間

平成31年4月26日(金)~5月26日(日)

沙弥島は春会期のみの開催です。

作品およびアーティスト

sm01 階層・地層・層 / ターニャ・プレミンガー

場所:瀬戸大橋記念公園内(東山魁夷瀬戸内美術館南) 屋外作品

展示期間:常設展示

観覧料:無料

sm02 ヨタの漂う鬼の家 / YOTTA

場所:ナカンダ浜

展示期間:4月26日~5月26日

観覧料:無料

sm03 そらあみ〈島巡り〉 / 五十嵐靖晃

長さ60mの、与島地区5島の住民、島外からの参加者で編み上げた、5色の漁網が西ノ浜に展示されます。

5つの島を巡って、それぞれの個性あふれた編み方の網が、一つになった網は、芸術祭2019のために、新たに編まれたものです。

丁寧に編まれた網、海の男らしく荒々しく編まれた網、色の組み合わせを考えながら編まれた網など、近くで探してみるのも楽しいかも。

場所:西ノ浜(沙弥海水浴場) 屋外作品

展示期間:4月26日~5月26日

観覧料: 無料

sm04 フードクラブ / アナヒタ・ラズミ

約30年前に日本で生活していた多くのイラン国籍の方々。そのような方々が、そのまま日本で生活していたら、どのような文化が生まれていたであろうか。食をキーとして、日本食とイラン食が交わることでどのような食文化が生まれていたかを、ワークショップを通じて探る実験室。

場所:旧沙弥小中学校(校舎内)

展示期間:4月26日~5月26日

観覧料: 旧沙弥小中学校への入場時に600円 (パスポート提示 or 現金)

sm05 一雫の海 / 南条嘉毅

場所:旧沙弥小中学校(校舎内)

展示期間:4月26日~5月26日

観覧料: 旧沙弥小中学校への入場時に600円 (パスポート提示 or 現金)

sm06 月と塩をめぐる3つの作品 / レオニート・チシコフ

場所:旧沙弥小中学校(校舎内)

展示期間:4月26日~5月26日

観覧料: 旧沙弥小中学校への入場時に600円 (パスポート提示 or 現金)

sm07 ピボット / マデライン・フリン+ティム・ハンフリー

かつては子どもたちが遊んでいた小中学校の校庭には、今は何も残っていない。遊具を設置することで、かつての子どもたちが居た小中学校の校庭を取り戻す。

場所:旧沙弥小中学校 校庭(屋外作品)

展示期間:4月26日~5月26日

観覧料:無料

sm08 大岩島2 / 大岩オスカール

直径12mのエアードームの中に、瀬戸内をイメージしてサインペンだけで描いた作品。エアードームの中に描かれた扉は、作品の出入り口ともなっており、そこは瀬戸内の景色の中に迷い込んだ感覚となる。

場所:万葉会館

展示期間:5月1日(水)から5月26日(日)の展示となります。4月26日~4月30日までは、展示されていません。

観覧料:300円(パスポートの提示または現金)

sm09 12島と港の物語・回遊式アニメーション

場所:万葉会館

展示期間:4月26日(木)から5月26日(日) ただし、4月30日は、休止

観覧料:300円(パスポートの提示または現金)

sm10 八人九脚 / 藤本修三

2013年からの継続展示

場所:瀬戸大橋記念公園内(記念館北側)  屋外作品

展示期間:常設展示

観覧料:無料

イベント